TEL 0297-63-4870

〒302-0004
茨城県取手市取手3-1-1-3
歯科タウン

お知らせ

News

【診療時間変更のお知らせ】

11月21日(木)、22日(金)は全国学校歯科医協議会出席のため休診とさせていただきます。
代診として11月20日(水)、23日(土・祝)、27日(水)は診療いたします。
※23日(土・祝)は8:30~13:30

Copyright © とりで三丁目歯科 All Rights reserved.

▲:土曜日は13:30まで診療

マウスピース

Mouthpiece

スポーツマウスピース

Sports mouthpiece

スポーツに取り組む時には自分にジャストのマウスガードをつけましょう

スポーツマウスピース(マウスガード)とは

And tooth transplantation

スポーツ選手がマウスピースを装着してプレーをしているのを見たことありませんか。瞬発力を発揮するには歯を強く噛みしめる事になります。この咬合力が自分の歯を欠けたり割ったり、プレー中の衝撃から歯が折れたりします。


こうした負荷から歯を保護するのがマウスピース(マウスガード)になります。

とりで三丁目歯科 ではスポーツに取り組む子供から大人までの歯を守り、より安全にプレーを楽しめるお手伝いをして行きます。

市販のマウスピースとの違い

The difference between commercially available mouthpiece

市販されている物は一人ひとりの口の環境と形態に十分対応しきれ無いため、「外れやすい」「歯に十分な保護が出来ない」といった事が起きやすいです。


当院では歯型を取り、噛む力からマウスピースの厚みなどを決めていきますので、しっかりとフィットするオーダーメイドでの作成が可能になり装着時の違和感も解消されます。

脳震盪の対策にもマウスピース

The difference between commercially available mouthpiece

歯の破損以外にも脳震盪の対策としてもスポーツマウスピースは有効です。
脳震盪は後遺症も怖い事故です。運動中に顎に強い衝撃が加わると頭蓋骨は後ろに動き、脳は前方にダメージをうけます。
マウスピースを装着する事で噛み合わせを安定させ、事故を最小限に抑えることができます。

スポーツのジャンルとマウスピース

Sport of the genre and the mouthpiece

コンタクト系スポーツ

格闘技やラグビー等のコンタクト系スポーツの方は「ぶつかる」事を前提に競技がなりたっているため、歯、口、脳すべてのケガ予防として必要と思われます。

非コンタクト系スポーツ

バスケットやサッカー等は顔面を強打する前提にはありませんが、強打する事は茶飯事、そのため大きな事故へとつながりやすく私としても一番に思うところです。
特に小学生、中学生の成長過程に歯や身体のダメージは最小限にしたいです。

パワー系スポーツ

人間の噛む力は思った以上に強く、日々の練習時「くいしばり」が蓄積し歯へのダメージとなり、その力で欠けてしまうこともあります。マウスピースを装着することで噛み合わせが安定し、集中力アップの効果もあります。

Please reload